“歩く” を “早歩き” に変えるだけで…

【“歩く” を “早歩き” に変えるだけで…】

「座る時間が長い女性ほど運動に関わらず、肥満や糖尿病になりやすくなる」

●BMI30以下、心臓病およびII型糖尿病,癌のない女性50277人を対象として6年間の調査を行ったところ、7.5%の女性がBMI30を超えて肥満になった。また,1517人がII型糖尿病を発症した。

●これら肥満と糖尿病の発生には,年齢,喫煙習慣,運動量,食生活に関わらず,座位ですごす時間と関連があることが分かった。

●1日に2時間テレビを見る時間を増やす毎に、23%の肥満の増加と、14%の糖尿病の発症リスクが増加することが分かった。

●また、仕事での座位時間が2時間増加する毎に、5%の肥満の増加と、7%の糖尿病の増加があることも分かった。

●反対に、立位や家の周りの散歩(2時間/日)は9% の肥満減少と,12% の糖尿病リスクの減少と関連があり、また、1日1時間の早歩きは24%の肥満減少と、34% の糖尿病のリスクを減少させることが分かった。

●テレビを観る時間を週に10時間以内に抑え、かつ1日30分以上の早歩きをすれば、肥満の発生の30% と糖尿病の発症の43%を予防できるとしている。

「歩く」を「早歩き」に変えるだけで、肥満と糖尿病のリスクを約3倍予防できる!

やるしかありません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です